小石の眼から見た景色 あらかた50主婦のあったこと録

その辺に転がっている小石のあれこれ体験録です。

姓名判断に売られたケンカを買うことにする~占いの類は都合よく使う主義

占いの類は気にしない主義です。 「信じないタイプです。」と書こうとしたのだけど、目に入ると気持ちの片隅に引っかかるあたり、「信じちゃってる人」に入るのかもな?なんて思ってしまったので「主義」ってことで。 子どもの名前は気になるもの 「大凶」の…

同じ時代を生きている人を仲間のように感じた1年

コロナで世間が一変してしまった、この1年。実生活では、そこまで大きな変化を感じていません。 夫婦とも「在宅勤務」は不可能な仕事。もともと外食もお出かけも少なかったので、休日のステイホームもいつものこと。 高校生がしばらく休校だったことと、少…

久しぶりにブログをアレコレする~自動広告をオフ&サブブログにチャレンジ

久しぶりにブログをアレコレしてみよう!と思い立ったのです。いまだによく理解できていないくせに。 煩わしさが気になっていた「アドセンス自動広告」を何とかしたかったし、今より、もう少し軽く書ける場も欲しいかな~とサブブログに興味が出てしまって。…

雑談用の小ネタ探しで気持ちが少し明るくなる~苦手対策の思わぬ副産物

「雑談は苦手だわ~」と、内心では思っているのです。 保護者会とか、自治会の集まりとかでの「やらなきゃいけないコト」以外の隙間時間は、「時の経つのが、まぁなんて遅いんでしょう(-_-;)」なんて思っているのです。 とはいえ、アラフィフともなれば話の…

高校生二男はとっくに親離れ、母は親バカ炸裂中

来年(2022年)の春から、「成人」は18歳以上。 なんと、高校生の二男は「2022年4月1日」に成人を迎えますΣ(・ω・ノ)ノ!(2002年4月2日生まれ~2004年4月1日生まれは、皆一斉にその日に「成人」。) あらまぁ。制度上とはいえ、二男が「未…

引っ込み思案が顔を出す~変われなくてもよしと思う

「私、実は『引っ込み思案』なんです。」なんて、うっかり言おうものなら、 「はぁ?誰が?ほんさきさんが??それはないでしょー(笑)」と一蹴される。 でも、意外とそうでもないのだ。そして、性格の根っこの部分は、どうしたって変われないのかな~と思…

話の筋より話している「時間」を楽しむ~落語は楽しめても義両親相手の時は忍耐が要る

夫は臨場感たっぷりに話す。身振り手振り添えで。 私は、結論をバンと言ってから、ちょこっと説明する。時と場合と内容によるけれど。 私は、大抵、夫の話が盛り上がっている最中に、「『結局何を伝えたいか』を先に言ってくれない(怒)!?」と、水を差し…

「流行ってるのが嫌い」は「流行ってるから好き」と似ている~流行っていてもいなくてもMr.Children

「 大きい 」と「 小さい 」は似ている。正反対だけど、似ているのだ。 「大きい」と「赤い」よりも、それは「大きさを表している」という点で。 大学の講義で耳にして、「おぉっ!」と衝撃を受け、記憶に残った。何を学ぶ講義だったのかは、全く思い出せな…

「生まれ変わったら何になりたい?」と酔っ払いに問われた忘年会~生まれ変われば叶うのか?

だから酔っ払いはさぁ。アレなのよ。 こんなご時世で、飲み会が減ったことと酔っ払いを避けられることは、むしろ喜ばしいと思ってるよ。本当は、コロナ騒ぎなんてなくても、飲めない人は飲まなくて良くて、酔っ払いにからまれずに済む世の中だったら、なおよ…

ブログに影響を受けてパネトーネを買う~食レポは「ぬって焼いたらカレーパン」

ブログを始めてからというもの、皆さんのブログに影響を受けて、結構アレコレ手を出すようになりました。新しいコトにチャレンジしてみるのは、なかなかに楽しいのです。 カルディでパネトーネを購入 ブログに影響を受けて現実を楽しむ 「ぬって焼いたらカレ…

ラッキーを手に入れる

頂き物の多くなる季節です。公私ともに。 先日は、夫が、職場に届いたお歳暮の分け前(ビール)を持ち帰ってくれたので、ありがた~く二人でいただきました(*´艸`*) ラッキーエビス缶はテンションが上がる わけっこする時ちょこっとモヤる ラッキーを手に入…

孤独な母親には他人の優しさが身に沁みる~宅急便のおにいさんがくれたモノ

それは、20年程前のこと。発達凸凹長男が2歳になろうかという頃の、ある夕暮れ。 孤独な母親だった頃 車&電車好きの長男 宅急便のおにいさんがくれたモノ 孤独な母親だった頃 「お子さんが病気の時、頼れる人がいないのでは、ちょっと…」と言われ、育児…

好きな本やドラマを繰り返す理由~くたびれている時は慣れた「非現実」に浸る

新しいドラマや、買ってきたばかりの本は、熱心に見たり読んだりした後、大抵「はぁ面白かった!」で終了なのですが、時折、何度も繰り返し見たり読んだりしたくなるドラマや本に出合います。 ストーリーはわかっているのに繰り返す 慣れた「非現実」に浸る …

変化を受け入れ合い過ごす:いい夫婦の日によせて~米津玄師「カナリヤ」

そろそろ「いい夫婦の日」だな~と思ったのです。夫が、やっぱり花束を買って帰ったので(半ば付き合いで買わされている)。 しかしまぁ、世の女性のことは知らんけれども、あなたの妻である私という女はあまり花束を好まないということを、そろそろ覚えてく…

お土産に頂いて美味しかった「薬味」のご紹介~柚子胡椒・花良治(けらじ)胡椒・生七味

子どもの頃、いわゆる「鍋」を食べたことがなかったのです。家族が多すぎると、「皆で一つの鍋を囲む」なんてことは難しかったのかもしれません。 「おでん」も「寄せ鍋」も「すき焼き」も、大学生になって初体験だったので、目の前でグツグツされて、一体ど…