小石の眼から見た景色 あらかた50主婦のあったこと録

その辺に転がっている小石のあれこれ体験録です。

仕事

病院の受付で「ありがとう」を叫ぶ(?)~言うだけでなく言われたい言葉だと思うから

「ありがとうございます」と伝えるように心がけている。 病院の職員として患者さんへ。 住宅地の小さなクリニック。患者さんの大部分はご高齢なので、どうしても大声になる。だからタイトルは「『ありがとう』を叫ぶ(?)」 普通のサービス業なら「ご利用あ…

ストレスの源からストレス対策に「GABA」をもらうストレス

「あなたは感情が顔に出やすいから、気をつけなさい。」 亡き母に、子どもの頃から、大人になってからも言われていたことを思い出す。 母は、私の気持ちなんてなんにもわかってないくせに、わかったようなことを言う。 言われた時は、腹立たしくて、虚しくて…

Tさんのキーパーソンへ愛をこめて~認知症病棟の思い出2

お盆やお正月が近づくと、 以前勤務していた精神科の認知症病棟では、キーパーソンへの定期連絡の作業が加わった。 私は何の資格もなかったけれど、当時、病棟の人員要件とかなんとかで、大卒というだけで家族対応の係を任されてしまった。 普段は、入浴・排…

忘れても感情が心に積もっていく~認知症病棟の思い出1

まだ、認知症が「痴呆」と呼ばれていた頃、精神科の「老人性痴呆病棟」に勤務していた。 もちろん介護保険制度の生まれる前。呼び名も違えば、対処もまるで違っていた。 その病棟では、机とイスが並ぶ、だだっ広く妙に明るい空間で、日中60人が過ごしてい…

雨の徒歩登園&通勤~私の相棒「キサスポーツ晴雨兼用ブーツ」&グッズ

雨は通勤をいっそう憂鬱にさせる。通勤に徒歩の部分があればなおのこと。お題は「雨の日の楽しみ方」だけど。 「もう歩き出さなければ、あの電車に間に合わない」という、まさにそのタイミングで雨足が強くなってきた気がする。 駅への最短距離を進むため国…

同僚がインフルエンザ!シフトチェンジは突然に

インフルエンザが猛威を振るっています。 パート勤務している小さなクリニックにも、高熱・だるい・頭痛等を訴える患者さんが続々訪れています。 同僚がインフルエンザ ! 職員はインフルエンザの患者さんとの接触を避けられません。 予防接種も受け、マスク…

病院受付おばちゃんがモヤモヤする時の心の声

急に寒くなりましたね。小さなクリニックも特に忙しい季節到来です。 受付事務パートのおばちゃんは、単に動くからか、更年期障害なのかわからない汗をかきつつ、バタバタしています。 今回は、病院の受付で対応しながら、仕事とはいえ、内心モヤモヤする時…

受診される時にお願いしたい7つのちょっとした大事なこと

マスクの下は、ほぼすっぴんの病院受付おばちゃんです。 10月も半ばになり、風邪も流行り始める時期です。また、インフルエンザの予防接種などでも、病院を受診される機会が増えてくるのではないでしょうか。 医療職ではありませんが、病院に務めている端く…

病院受付おばちゃんにはお手柔らかに

小さな病院で事務としてパート勤務しています。「医療事務」の資格はないのですが、診療内容が限られ、パソコン入力はできるので今のところ何とかなっています。 規模が小さいので、事務と言っても何でも屋ですが、やはり一番大変なのは病院の顔(?)受付で…