小石の眼から見た景色 あらかた50主婦のあったこと録

その辺に転がっている小石のあれこれ体験録です。

家族

二男、野球部入らないってよ

二男がいつ頃からボールを投げ、おもちゃのバットを振り回し始めたか、はっきりした記憶がない。 運動が今一つの長男の練習に付き合っているうちに、気が付くと5歳違いの二男の方がメキメキと腕を上げていた。 活発で負けず嫌いな二男は、小学校低学年から地…

初々しい二人から幸せお裾分け。そしてついついもらい泣き~姪の結婚式の案内にすったもんだする④

もう1ヶ月以上経ってしまったのですが、何しろぼちぼちブログなので、タイムラグはご容赦くださいませ。 案内が届いてからすったもんだしている叔母として記事を書いてきましたが、先日、その姪の結婚式に参列してきました。 それはもう、可愛らしい花嫁(…

ビワと青田波の景色

昭和一桁生まれの父を見送ってから、もうすぐ5年になる。 父は、娘から見ると、大きくて強くて厳格で、滅多に怒らないのにとにかく怖くて、そして頼もしい人。 幼い頃から、身体の弱い母が寝込むたびに「死んでしまうのだろうか」と怯えていたのに、私はな…

「おいしい」の音読(?)効果

せめて夕飯は家族そろって食べたいと思っているけれど、夫は残業と「お付き合い」が多い。 加えて今春から高校生となった二男も、部活や「お付き合い(友達とお喋りしたり買い食いしたり(-_-;)」で、なかなか帰って来ない。 母はお菓子で小腹を満たしながら…

ご祝儀の相場の幅が広いわ~姪の結婚式の案内にすったもんだする③

姪の結婚式が近づいてきました。 叔母がすったもんだするシリーズは、ちっとも進んでいませんが、実際はすったもんだしています。 www.honsaki.com 姪の結婚式は、おめでたくて嬉しくて、でもちょびっと悩ましい。 正直に言います。 その中でも最大級に悩ま…

高校生の息子に叱られてちょっと嬉しい母

今春、晴れてピッカピカの1年生(高校生)になった二男が、毎日 キラキラしています。 これが「アオイハル」だわ。なんて眩しいんでしょう。 まだ、10日ほどしか経っていませんから、何もかもがもの珍しく、中学に比べ自由度が高まった気がするだけなので…

倒木の敗者復活戦〜長男の浪人が決まり心に流れていた歌

2年前の3月。受験した大学の後期試験結果発表の日、長男の浪人が決定しました。 大失敗したセンター試験の結果は重く、親として、子どもの底力を信じたい気持ちがありつつ、正直、合格は難しいと覚悟していました。 勉強をしている長男に、申し訳ない気が…

アラフィフの叔母は何を着る?~姪の結婚式の案内にすったもんだする②

前記事で、迂闊にシリーズ化するなどと書いてしまい、自分で自分を追いつめてしまった感があります。 www.honsaki.com 皆さま、コメントやスターを、いつもありがとうございます。 服装やご祝儀について、ブックマークコメントで情報提供もいただきました。…

姪の結婚式の案内にすったもんだする①

昨年秋、次兄から、姉と私宛てにメールが届きました。 ゴタゴタした相続の後処理のちょっとしたメール。その最後に「そう言えば、娘が今月中に彼氏を連れてくるそうです。」と、さりげなく一文が添えられていました。 姪の結婚式に参加します とても良い人だ…

次兄の手作りお雛様

私には、兄が3人います。 三人三様、あまりにもタイプの違う兄たちでした。 思い出したくもない長兄とは正反対で、次兄は大人しくて優しく、努力家タイプ。 ただ、母の身体が弱かったためか、一緒に生活していない時期もありました。 学童期に大けがをした…

大学受験に付き添ったけれど初回は役立たずな母でした

いよいよ来週月曜日から、各国公立大学の個別試験が始まりますね。 自分自身の受験時と違い、遠方の場合は、保護者が受験に付き添うのも珍しくなくなりました。 30年以上前(!)と比べてはいけませんね。 現在大学1年生の長男は1浪しているので、私も2…

公立高校入試過去問が難しい・・そして採点も難しい

いよいよ来月が公立高校入試本番。 二男もおしりに火がついて参りました。というかボーボーに燃えています。 一か月前にようやく点火って、遅いんだってば! 我が家は、試してみたりはしたものの、結局誰も塾に通っていません(長男浪人時代に予備校には行き…

花束に罪はない~私がフラワーバレンタインを喜べない理由

あれはゆうべの私のセリフ。 女はいつも、待ってるなんて~ 夫(ぼうや)、いったい、何を、教わってきたのぉ。 昨夜はフラワーバレンタイン はてさて、深夜に酔っ払いからポンっと花束を渡されて、嬉しいでしょうか? 私は、ちっとも嬉しくありません。 バタ…

1人暮らしの大学生の部屋に新電力の勧誘がきて危なかった話

日曜日の午後、珍しく一人暮らし中の長男から電話がかかってきました。 大学生が日曜日の昼間に母親に電話・・・はい、ロクなことではありません。 新電力*1の代理店が勧誘にやってきた 息子によると・・・ 後期試験最後の追い込み時期の日曜日、部屋にやっ…

長男の「大学合格対策チーム」結成を家族で宣言した時の話

【お詫び】前回の記事では、投稿後に何かやらかしてしまい、スターが消えてしまったり、ブックマークいただいたのにお礼のスターがつけられない方がいらっしゃるのですが、対策がよくわかりません。この場をお借りしてお詫びいたします。ごめんなさい。 さて…

虐待に塗り潰されたふるさとの記憶を取り戻したい

今回は、過去に受けた虐待の話がありますので、暗い話が苦手な方、思い出して辛くなる方は、どうぞスルーしてください。 ブログに思い出話を書くために記憶をたどるうちに、しんどいことが多かった子どもの頃の記憶は、丸ごと蓋をして、しまい込んでいる自分…

「娘を嫁に出すつもりはありません」義実家お正月の憂鬱と母の言葉

年の瀬ですね。気持ちだけ焦るけど、大掃除も中途半端なままです。寒すぎです。 大掃除を頑張っても手を抜いても、時間が経てば巡ってくる新年。 晴れやかですがすがしいハズの新年だけど、憂鬱な気分です。 何が憂鬱かって、そりゃあもう義実家でのお正月で…

「母に人工呼吸器はつけない」延命治療しない判断を下した娘の背負うもの

8年前に他界した母の延命治療について、2度判断を求められる場面がありました。 1度目は、とっさに救急搬送を依頼してしまいました。 www.honsaki.com 1度目の判断の後 この1度目の搬送時の救急病院の医師は、母が少し落ち着いた後、駆けつけた私たち家…

母の延命治療の判断 1度目の検討時間は5分

2018年12月10日(月)放送のNHKクローズアップ現代+「“最期の医療”その時 家族は…」を観ていて、両親を見送った時のことを思い出しました。 www.nhk.or.jp 母が他界して8年になります。 他界するまでに、母に延命治療を施すか否かについて、私…

就学前健診で「良い子」とは何かを学んだ

自分自身の受けた就学前健診の思い出なので、40年以上前の思い出話です。 小学校入学を控え、新しい情報をお求めの方は、ごめんなさい。

コンプレックス姉妹

姉は美しい。 切れ長の目、高い鼻、形の綺麗な口、白くきめ細やかな肌。 手の指も細く長く、爪の形さえも整っている。 今でも私より少し背が高く、足も長く、私より少し体重が少ない。

三者面談がやってくる!思い出す母の一言

受験生(中3)の二男の三者面談が来週に迫り、志望校をどうするのかピリピリした3連休となりました。 家族会議開催 私は、地域に普通科高校が1校しかない田舎育ちなので、進路相談に関してはあまり役にたちません。

「頑張っても報われないことがある」と知った日

最近、自分の子どもの頃の「そこそこ貧乏だったよ」シリーズみたいになってしまっています。 自分でも少々しんどくなってきました。読み手はもっと・・ですかね。すみません。「読者のためになる記事」には、ほど遠いですが、よろしければお付き合いください…

自転車に乗れない中学生の見たもの

そこそこ貧乏な家あるあるですが、皆が持っていて当たり前の物がなくて困るということが、しばしば起こります。 色々ありましたが、その一つが「自転車」でした。 私は、持っていないだけではありません。小学生の頃、近所で怪我をした子がいて、ヒステリッ…

T先生からの宿題

小学校5,6年生の時の担任で、とても好きだったT先生の思い出話です。 1年~4年生 変な肩書がプレッシャー 私は、というより我が家は、小学校の先生の間ではちょっと有名でした。 両親が元教員、父は現役の教員ではないものの、教育関係の仕事をしてお…

感謝を伝えたかった人

大学生の頃の思い出話です。暗い内容ですので苦手な方はパスしてください。 自分は要らない子どもだと感じていた 大学時代の話に行く前に、そこに至るまでのこと。 5人兄弟の末っ子として産まれた私は、小学生の頃から「自分はこの家にとって要らない子ども…

中3だった私が悩んでいた「優しい」ということ

前の記事で「中学生の頃の私が何を言いたかったのか、次回書きたい」などと、自分でハードルを上げるようなことを書いてしまい、 「それで、結局自分は何を言いたかったんだ?」と、ドツボにはまっているところです。 www.honsaki.com 人前で泣いてはいけな…

高齢の父から免許を無理やり取り上げた時のこと(後編)

前回の続きです。 www.honsaki.com 母の一人暮らしが突然始まる 父の運転について具体的な対策が取れないままでいたある日、身体が弱い母ではなく、父が急遽、入院することになりました。 母の受診に付き添った病院で転倒し、足を骨折。運良く(?)病院だっ…

高齢の父から免許を無理やり取り上げた時のこと(前編)

高齢者の運転による事故のニュースが後をたちません。 年齢で一括りにできない部分もあるし、若い人の暴走や、飲酒運転の事故だって数は多いといった反論も承知していますが、加齢による事故が起きているのは事実と思います。 ニュースを目にする度に、運転…

「4人分」の癖が抜けない

長男は今年4月から他県で一人暮らしを始めました。 二男が生まれてから約15年、我が家はずっと4人家族だったのですが、そろって食卓を囲んでも3人になりました。 かわいい子には一人暮らしを 幼い頃から社会性の分野に難があり、発達の凸凹を指摘されて…