小石の眼から見た景色 あらかた50主婦のあったこと録

その辺に転がっている小石のあれこれ体験録です。

「母に人工呼吸器はつけない」延命治療しない判断を下した娘の背負うもの

8年前に他界した母の延命治療について、2度判断を求められる場面がありました。

1度目は、とっさに救急搬送を依頼してしまいました。

www.honsaki.com

1度目の判断の後

この1度目の搬送時の救急病院の医師は、母が少し落ち着いた後、駆けつけた私たち家族に、人工呼吸器の装着についてお話してくださいました。

一度つけたら、外すことはできないこと。

話すこともできず、機械につながれるので外出もできないこと。

高額な医療費がかかること。

どのような状態で助かるのか、どのような状態で生きたいのかを踏まえて、本人と家族で話し合っておいてほしいと伝えてくださいました。

 

遠くない将来訪れる、母の「最期の時」をいかに迎えるのが良いのか。

私は「その時」に冷静に対応できるよう、本人の意思、父や他の兄姉の気持ちを確認し合い、きちんと判断できるようにしておきたいと思いました。

 

本人も家族もタブー視してしまう 

帰るにも5~6時間かかる遠距離介護ではありましたが、帰る度に、自宅に戻った母や父、兄姉に確認を試みます。

しかし、当の母の反応は、

「そんなこと(死ぬ時のこと)なんて考えたくない!」

「 親の死ぬ時の話を持ち出すなんて!」と、非難されるばかり。

 

父も兄も姉も、その話自体が辛いのか、「その時にならないとわからない。」と、考えることを拒否してしまいます。

我が家では、残念ながら「その時」の話はタブー視され、全く話が進まない中、2度目のその時を迎えてしまいました。

 

母に人工呼吸器はつけない

若い時の結核のため呼吸器疾患のあった母が、今度は自宅から救急搬送されました。

私は、搬送先の救急病院の医師から電話を受け、再び延命治療について判断を求められました。

今回は、1時間程度の猶予がありました。

 

私の気持ちは「母に人工呼吸器はつけない」 ことに固まっていました。

80を過ぎ、いずれは私より先に逝ってしまうであろう母。

話すこともできず、ただベッドに横たわり、わずかに命を長らえることは、苦痛を長らえるだけのように思えました。

 

父に電話をし、いよいよであることを告げます。人工呼吸器をつけない方が良いと思うことも。

兄、姉にも電話をかけ、嘆く二人に、やはり人工呼吸器をつけない最期を提案しました。

家族を説得し「いよいよになっても、母に人工呼吸器はつけないでください」と医師に連絡しました。

 

結果として、母はこの時も奇跡的に回復し、半年後、自宅で眠るように亡くなりました。

死期が早まるとわかっていても、自宅に戻すと判断したのも私です。

 

判断を下した娘の背負うもの

 自宅で眠るように亡くなる最期。

母は、理想的な最期だったかもしれません。誰からも責められたことはありません。

無理な延命治療を望まないことも、きっと多くの人に理解してもらえる判断だったでしょう。

しかし、私は、あの時から常に重い罪の意識を背負っています。

 

母の命を絶つことを望んだような気持ち。

母の命を絶てと、家族を説得までしてしまった自分。

母を手にかけたことと、何が違うと言うのか。

内心、長引く介護が辛くて、楽になろうと思ったのではないか。

人工呼吸器をつけてもらったら、自宅に帰さなかったら、もう少し長く母は生きていたのではないか。

 

幼い頃、母が寝込むたびに「お母さんが、死んでしまう」と、布団の中で泣いていた少女は、

大人になって、「もう母は生きなくてよい」と判断してしまいました。

  

後悔は全くありません。

ただ重いものを背負っているのです。

私が死ぬまで背負い遂げれば良いことだし、それが私の存在した意味になるようにも思います。

 

そして、自分は、愛する子どもたちに、ましてや赤の他人である医師に、こんなものを背負わせたくないと思っています。