小石の眼から見た景色 あらかた50主婦のあったこと録

その辺に転がっている小石のあれこれ体験録です。

「香り文明」に馴染めない~人工的な香りが苦手な話

繊細とか敏感とは縁のない、田舎育ちの野生児だと自負していたのです。

はかなげなクララに憧れる、アルプスのペーターのように、踏まれても起き上がる雑草のように、私は逞しいタイプなのです。

そんな私が、どういう訳か「香り」、それも「特定の香り」に反応してしまうようなのです。

 

幼い頃から嗅いできた様々な故郷の香り

クチナシやキンモクセイの濃厚な香り、スイセンやウメの微かな芳香

田植えの頃の田んぼの匂い、稲刈りの匂い

雨の降りだす時の土の湿り気の匂い

海の潮の匂い、川の真水や苔の匂い

堆肥の匂い、家畜の匂い、汗臭い部室の匂い

たき火の煙、蚊取り線香、干した布団のお日様の匂い

 たくさんの香りに囲まれて育ち、一般的に「臭い」と言われる香り(牧場とか・・)を嗅いでも平気。

それなのに、近年流行っている「良い香り」と言われる香りが、臭くて仕方がないのです。

「臭いな~」と思うだけならともかく、頭痛やらめまいやら吐き気やらに襲われて結構困る。

まるでタバコの煙を嗅がされているような、「身の危険を感じる香り」と感じてしまうのです。

 そう言えば、子どもの頃、母に連れられてデパートに行った時、1階の「お化粧品コーナー」の匂いが辛くて、思わず息を止めて駆け抜けたのでした。

 

どうやら、私は「人工的な香り」に過敏なよう。

夫はあまり感じないと言うし、強烈な香水の患者さんに辟易していた時も、同僚は「汗臭い方が嫌かも・・」と言う。

でもさ、汗の匂いはちょっとしょうがないし、私もホルモンの調子悪い時変な汗出るし、その時は変なニオイだけど、拭き取ったり、無香料のクリームで抑えたり、汗脇パットでなんとかできるやん(;'∀')

わざわざあの臭い強烈な「良い香り」とか、つけんでいいやん( ノД`)シクシク…

しかもシャンプーと整髪料と柔軟剤と制汗剤に香水などなど色々混ざって、もはやローズなのかリラックスなのかブーケなのかゴージャスなのか訳わかんないよ(つд⊂)エーン 

f:id:honsaki:20190719141214p:plain

 

近年、世間は「香り文明」が発展して、あれもこれも人工的な「良い香り」がついている。

自分が使う分は、無香料や微香を選ぶなどで対処できるけど、逃げられない時は結構辛い思いをする。

混んだ電車やエレベーターで遭遇する女性のつけた強めの「良い香り」

乗せていただいた車の芳香剤の「良い香り」

給食当番のエプロンについたどこかの家庭の柔軟剤の「良い香り」

お年頃の高校生がプシュプシュする制汗剤の「良い香り」 (二男よ、もうホント、やめてくれん?)

 

トイレの芳香剤も、ジッパー袋に入れて使い、ようやくそろそろなくなってきたところ。 

www.honsaki.com

 

決して「繊細」でも「敏感」でもない、ガサツで適当でめんどくさがりのアラフィフなんですけどね。

そう言えば、大きな音も苦手。それは、急だと嫌なだけで、ただの「ビックリさん」。

いやいや、人混みやザワザワも苦手か・・。風のざわざわや、波の音なんていくらでも平気なんだけどな。

単に、いまだに文明に馴染めてないってことかしら?

「田舎育ちの野生児(婆)」って自負、合ってるわ。

 

ほんさき